AEDの点検方法をご紹介。

                        

AEDについて

心肺停止状態の方に有効であるとされているAED(自動体外式除細動器)は救急医療用の機器です。
心肺停止の中でも心臓が心室細動を起こした場合に効果が高いと言われています。
心室細動とは心臓が痙攣したようになり、心筋が収縮して正常なポンプ機能を果たせない状態のことをいいます。
この心室細動を引き起こした心臓にAEDによる電気ショックを与えることで正常な心臓の動きを取り戻す目的のために使用されます。

心肺停止状態の方が除細動を起こしているのかどうかは一般の方には判断しにくいですが、
AEDは電極パッドを胸に取り付けると自動で心臓の動きをモニタリングしてくれます。
モニタリングのデータを元に電気ショックが必要であると判断されると「電気ショックが必要です」と音声ガイダンスが流れるか、モニターに表示されるので指示に従って操作します。

心臓が心室細動を引き起こし、心肺停止状態に陥ってから1分でも早く使用することで蘇生率が上がり、
蘇生後に社会復帰する確率があがると言われています。

メンテナンスの重要性

AEDは日常的に使用するものではなく、消火器や防災グッズと同じく緊急時に使用するものです。
家族や友人、近くに居合わせた方が何らかの理由で心肺停止となり、心室細動を起こした場合に使用するものですので、
使用頻度が高くなっては困るものなのです。
緊急時用ですが使う事がなければ良いものでもあります。

しかし、AEDを使用しなければならない時は突然訪れるものです。
心肺停止が予想できるのであれば初めから病院に行くはずですが、予想できないからこそAEDが必要となります。
突然AEDを使用しなければならない機会が訪れた場合、正常に機能しなければ意味がありません。
普段日常的に使用していなくても、もしもの場合に正常に動作しない場合もあります。

その為には日頃のメンテナンスが非常に重要なポイントとなります。
このサイトではAEDの点検方法やメンテナンス方法などを詳しくご紹介していきます。